村川拓也『インディペンデント リビング』をみたこと、など

めちゃ前に途中まで書いてずっと更新できていなかったやつ復活させよう期間。

2、3本ある。

書き足した部分などあるので、

。つけるとか過去形とか敬語とか記述の仕方がクソ未曾有です。悪しからず。

 

***

 

2017.10.29.Sun

京都国際芸術祭 KYOTO EXPERIMENT2017

村川拓也『インディペンデント リビング』

観ました。

 

 

作品の概要(以下KEXのHPより)

今回、村川が扱うのは「日本・中国・韓国」。これらは歴史的、文化的にお互いに影響を与え続けてきた三ヶ国である。歴史認識、政治、領土などの問題が現代においても取りざたされているが、村川はそういった大文字の「国」という枠ではなく、むしろその裏に隠されている風景を三ヶ国のリサーチで拾い集め、舞台へと結実させていく。

 

舞台上にはテレビの音や情報が流れこんでいる部屋がある。そこに、各国の出演者がそれぞれ一人ずつ現れ、淡々と日常生活が行われる。その風景を目にしたとき、私たちの知らない「日本・中国・韓国」の現在が見えてくるだろう。

村川拓也|KYOTO EXPERIMENT 2017|京都国際舞台芸術祭 2017KYOTO EXPERIMENT 2017|京都国際舞台芸術祭 2017

 

 

「日・中・韓」なのは、今回の芸術祭が東アジアの文化交流とかそういうテーマだったから(京都が2017東アジア文化都市を担っているらしいので、)

 

舞台となる部屋には要介護者が寝たきりになっており

登場する出演者は「介護士」。

役者ではなく、本当の介護士さんだそう。

介護者の役はその日そこに集った観客の中から出てもらっていた

(もらっていたって、人ごとのようだけど自分もなる可能性がありどきどきした)

 

言葉はもちろんのこと、各国の介護士の年代も、利用者さんとの関係性も、流れるニュースの内容も異なるけれど、そこに鮮やかに浮き出る国民性はないって思った

 

けっきょくのところ、老いていく体は一緒ってことかな

 

なんかよくわからないけど、その共通点に希望みたいなものを感じて、小さく嬉しかった

 

 

 

 だが・しかし・but

アフタートークでの出来事

 

 

 

 観客の質問に村上さんが答える場面で、

「観客からでた利用者さんの足を男性介護師がマッサージするシーンがあったが、それはセクハラになる危険性がないか?」というような内容の質問がでる。

 

 

わかる、質問の意図はわかる。

 

 

当日、事前打合せのほぼない状態でいきなり舞台上に観客をあげることは非常にリスキーだと思う。

特に、演劇の舞台上っていうのは現実世界とは乖離してそこにある。いわゆる「なんでもありな状態」という認識が劇場内にいる全員に共通してある。

例えば、舞台上で役者が何かを撫でるふりをして、よしよしペス、とかなんとか言ったら、そこにはペスがいるのだ!と観客は自然と脳内で補完する。ペスがなんだかもわかんないし、てかそこには何もないけど。

つまり、舞台上の人間がその世界のルールを握ることができるという、考えれば考えるほど異常で不思議な常識がそこにある。だから、舞台に乗ったお客さんは、現実世界ではおかしいと思われるようなおかしなルールに従ってしまう可能性が大きい。それが例え、体や心が拒否していたとしても。

 

(今思い出した、とある演出家さんから聞いた話。

とあるダンス作品で、暗転後に明かりがつくと静止するダンサーのすぐそばに、全く知らん女の人が舞台上でダンサーをじっと凝視していたことがあったらしい。一瞬、演出?と思ったけど、ザーッとダンサーの血の気が引く空気を感じてから観客も誰も動けずその様子を見ていたそうな。う〜ん、想像するだけで、すごい空気。

これはさすがに舞台監督がでて一時中断し、もう一度頭の明転から始まったそうですが、その後も客席には舞台上にでてきた女性が座っていたため、その女性より前方に座っていたお客さんは舞台だけでなく背後の女性にも神経が引っ張られていたそうななな。

うーん、面白いな〜〜〜このジリジリ感)

 

 

話は戻るけど、

 

まぁだから質問した人は、その危険性をわかった上で、きちんと対策建ててんのか?という投げかけを演出家さんにしたかったのでしょう。

 

 

 

 

なんというか

 

 

 

 

その質問を聞いたとき

 

 

 

猛然と怒りとか悔しみが

わきわき と

 

 

 

この作品を見て、そして人前でわざわざ演出家に聞きたかった質問

 

 

 

それかい

 

 

 

 

あの、年配の介護士さんが、

自分自身老いを感じつつあるであろう、あの男性の介護士さんが、

他人の再生を願って、歩けるといいね、ってそんな思いを込めたマッサージ、

の、身体接触、を、

 

その営みに滲む人間性を脇に,

お,い,と,い,て,

 

 

「異性に触る」

として認識する

 

 

 

 

 

 

 

わ、

 

 

 

 

わ!

 

 

 

 

わ!!!!

 

 

 

 

 

 

わきわきわきわきわきわきわき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人が作品をどう捉えるかっていうのは自由だから

「質問をした人」を批判するつもりはかいむです

ほんとです信じて

それはずるいし、そもそも知らん人だしその人

 

 

 

でも、同時に、その質問を聞いて

「私」がわきわきしたのは本当で、

どうにもならん暗い気持ちになったのは事実

えー、だって悲しくないか?それって

 

 

実際の介護士さんが患者さんに行う行為を再現している

その舞台上の世界を凌駕するぐらい、

「男と女」「メスとオス」という視点が強すぎやしないか?

というか、そこの境を気にしすぎているから

ギスギスした世の中になるんじゃないのか??

コミュ症量産の原因は、ここにありなんじゃなね〜〜〜〜の??????

おいおい、フリーハグしてこうぜみんな!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ラブ・アンド・ピース!!!!!!

ラブ・アンド・ピース!!!!!!

 

ラブ!!!!!

 

アンド!!!!!

 

ピース!!!!!!!!!!!!

 

 

 

ダァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1!!!!!!!!!!!!!!!!!1

 

 

 

そんなぐるぐるした気持ちをを抱えつつ

死んだ顔で阪急電鉄に乗り

静かに興奮しすぎてなぜだかツゥと涙を拭ったりしながら

帰宅した

 

けど、

 

あまりにも、わわわ、な気持ちだったので

誰かに聞いて欲しく、彼に電話してこの話をした

 

その時は考えがまとまっていなくてわわわ!という気持ち前面に押し出してしまったので、うまく伝えきれず「なんでそんなに憤慨してる?」って反応だった。

そのあと、なんで自分がこんな感じになっているか、どこが琴線に触れたかについて話しながら捉えやすく整えてくれ、なんとなく理解はしてもらえたけど、その上でも「なるほどねぇ〜」ってゆるやかなリアクションだったから、「え?え?そんな感じ?」って少しだけ焦った。

 

 

 

そして、ふと冷静になり自分の内のきったない色を発見する。

 

 

お、おや

 

 

 

感情的になることでまた知らずのうちに勝手に被害者を作って、

それで上から目線で同情していたのかなぁ、いろんな人に。

 

 

何がラブアンドピースじゃい、そんなことより自意識が強すぎてフリーハグは完全スルーの人種じゃあないか。

 

 

 

 

うっうっ

 

 

 

嫌な部外者、、、

 

 

 

 

 

偽善的なところがあるりるまするね。

またまた顕在化しましたね、、、

 

 

 

はるちるがるとるぶるん…

 

 

 

 

と作品本編外のところの、しかも思いもよらないポイントに頭を巡らせてまた不安を募らせた一日でした。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、演出家さんは質問に対してこの場合は負荷をかけすぎないと判断している、しかし気をつけなければいけないけど、恐れすぎてもいけない、、などなど、ものすごく丁寧に質問に答えていらっしゃいました。(実際に演じた女性の感想兼フォローも入っていた)

 

 

 

 

 

真摯さ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

幸せのレシピ

日々の細々を忘れないため日記をつけているように、【ここでいう日記とはブログではなく手記、それは絶対に人には見せられないもだし人の目を意識する日記なんて何もかけるものなどないし、そんな大味なものを残しても「日々の細々」を残すという日記本来の意味を失ってしまうから】見た小説や映画なんていうのは驚くほど記憶からなくなってしまうものなので、ここでもメモを取っていきたいと思います。

 

しかし、映画や小説に多く触れている訳でもない私の、ひどすぎる「素人」目線のメモにすぎないということを念頭に置いて欲しい。

 

 

幸せのレシピ

監督:スコット・ヒックス

主演:キャサリン・ゼタ・ジョーンズ

時間:100分くらい

 

料理と恋愛の話だと思っていたが、子供も出てきた。最高すぎる

「料理と子供が出てくる小説・映画はすべからく善(あと老人がいれば尚よし、)説」がまた強固になった。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(声に出して読みたい外人の名前ノミネート)はシカゴのベルマよろしく、勝気で強い女性役で、まぁそれが少しずつほぐれていく話。ということで、作中の大半がしかめっ面をしており、特に職場、つまりシェフとして働くシーンは鬼のような顔をしている。なので、「料理と子供」という重大2要素は含まれているものの、登場する数々の料理、あんまり美味しそうじゃない。特にプライベートで姪に作ってあげた魚料理、ふつうにまっまずそ…という感じだった。

思い返してみれば、おいしそうな料理が出ててくる作品の作り手は、問題を解決する側の人間であることが多い。実世界はそんなことないと思うけど、物語的にはそうなるのかしらね。

 

あと、後半で恋愛要素が絡んでくるのだけど、これ、めちゃくちゃ興奮した。

ドキドキ…とかじゃなくて普通に「興奮」した。

おそらく30過ぎた?あたりの大人の久々の恋愛という設定だったので、お互いに「今自分たちが男女の関係を成立させるという過程でどの段階にいるのか」ということをはっきりと意識しており、それがたまらなく最高でした。

特に、主人公ケイトが「これ絶対お互い両思いだし、もう完全にその方向だよね…この段階進んだら、こうなるよな。。。進んじゃっていいのかな。。。あーでも、ちょっと理性がききませんな。。。あ〜この感じ久しぶりやな…や、でも。。。」と葛藤している一瞬のためらいに対してクマさん系ゴツメの優男のニックが「ええやん」と、いなす感じに食い気味にキスをした後の、「まっええか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」と加速する様子は最高でした。

 

とにかく、クマさん系ゴツメの優男のニック(アーロン・エッカート)の「陽」の力がすご過ぎて終始安心して見ていられました。裏切りも、爆発もなかったしね。

 

 

心の安定をありがとう。

 

 

 

おすすめです。

 

終わり

 

嫉妬というもの

 

嫉妬というものがとても好きで、かつとても嫌いである。

とても好き、な前者は、私に向けられるもの。

ぎらぎらしていて、暑苦しくて汗臭くてとても、好みだ。

とても嫌い、な後者は、私が生み出すもの。

 

これは、汗に似ている。

他人が流す汗は見ていて気持ちいい。

だけれど、自分が流す汗は、自分の色々の結晶(それらはきっと“悪玉なんとか”によって構成されていそう)が毛穴から放出していると考えると、とても恥ずかしい。しかもそれが、他人への反応として、ほぼほぼコントロールできずに滴り落ちてしまっているのが、なんとも惨め。「垂れ流し」、ゾッ!そんなものを目撃されてしまった時には、ああもう完敗、と言う気持ちである。

 

カッコつけさせてください。

後生ですから。

今後の主導権を握らないで、お願いだから、私をか弱いものとして扱わないで。

本当にか弱くなってしまうので。

散々に弱らせておいて、それでいていなくなってしまわれた日には。

永遠に苦々しさを舐め続けなければならないの。

他人の幸せを願いつつも、どこかにはその度にじんとふやける部分がある。

 

自分本位で哀れな私を責めないでください。

責めるなら見捨てないで、私が嫌いになるまでは。

 

 

 

 

 

havetoの趣味

本当にしたいことをしたい

けれど

本を読まなくては

映画を見なくては

何かものを書かなくては

 

クリエイティブではない人間が

have toの気持ちから創作に自分を向ける行為は

なんて浅はかなことなんだろう

 

自分には、もう書くことはないのだろうか

「有効な時間の活用」ばかりを考えてしまう

つまらない大人になってしまったのだろうか

 

ほんのりとした絶望と、

捨てきれない希望を抱いて

三大欲求の解消に終われる日々。

 

おさるさんだなあ

 

 

 

自己紹介嫌い

自己紹介が苦手である。

自分の情報を無駄に教えたくない、と思ってしまう。

 

その情報、つまり記号だけで自分を判断されるのが嫌だから。

でも何よりも恐れているのは、

記号を記号としてみなしてもらえるような、

それを凌駕する中身、そんなものが自分にはないのではと思っているから。

 

中身がないならば、ないなりに、

あるフリをすればいいのに、

自分に中身がないことを認識することが怖くて、

それすらもできない。

 

そんなことに気がついた帰り道でした。

 

はじめに

 

自分はひどく卑俗な人間だと思います。

どうしてこのような考え方になってしまったのか、よくわからないので今一度、振り返ってみたいと思います。

ありのままを書きすぎると、傷つけてしまう人がたくさんいると思うので、そこらへんを配慮するとなかなか書き進めることは難しいですが、なんとか出せる部分を見つけていきたいです。

 

かしこ